2009年05月05日

ネイチャーウォーク・ココクレーター植物園

朝から天気も良く、暑かった。 パラグライダーの舞うサンディービーチパークで小休憩してから、ココクレーターに向かう。 87-37.jpg 園内に入ると、いつものセキュリティのおじさんと、クジャクたちに出迎えられた。 88-37.jpg プルメリアは木によってかなり花が付いているのもあれば、まだ花も葉もほとんど無いのもあったが、全体的には3〜4部咲きと言うところか。 89-37.jpg 90-37.jpg 91-37.jpg 92-37.jpg ブーゲンビリアも綺麗だった。 93-37.jpg 94-37.jpg 95-37.jpg サボテンの花も咲いてい..
posted by じゅにーK at 18:40

2008年12月24日

ココクレーター植物園ウォーキング

元々この時期はプルメリアの花は少ないのだが、先日の嵐のせいでさらに花の数が減っているのではないかと心配しながら、カラニアナオレ・ハイウェイを東に走った。 平日で人気の無いゲートを入っていくと、プルメリアがすっかり坊主。 ココクレーター植物園1 それでも時々必死に咲いている花を見つけると嬉しくなった。 ココクレーター植物園2 ブーゲンビリアは変らずに鮮やかな色を映していたが、ハイビスカスはやはり少し少なく感じた。 アロエの花がたくさん風に揺れていたり、 ココクレーター植物園3 「歯ブラシ」と呼ん..
posted by じゅにーK at 15:47

2008年07月08日

ココクレーター&マカプウヘッド

今日はネイチャーウォークツアーのコンビネーションで、ココクレーター植物園とマカプウヘッドハイキングに行った。 連休明けの植物園はガラ〜ンとして、鳥の声だけが響き、我々がゲートを出る時まで貸し切りの植物園で花を愛でて来た。 プルメリアは咲き誇り、芳しい香りが漂っていた。 プルメリア1 プルメリア2 プルメリア3 プルメリア4 プルメリア5 ブーゲンビリアも色々ある。 ブーゲンビリア1 ブーゲンビリア2 ハイビスカス。 ハイビスカス これはサボテンで「スタペリア」とか「サイカク(犀角)」とか言うのだそうだ..
posted by じゅにーK at 17:11

2008年07月01日

ネイチャーツアー

昼間はタンタラスの丘、夜はナイトドライブツアーでパールシティの公園に行った。 風が弱くて蒸し暑い日だったので、丘の上や夜の公園は涼しくて気持ちが良かった。 さて、7月より一部のネイチャーウォークツアーの取り扱いを止める事にした。 マノアフォールズのコースは、人気旅行雑誌「るるぶ」などに紹介された時期もあったが、当時は競合他社が少なかった事もあり、ダイアモンドヘッドクラブでも人気ツアーのコースだった。 山歩きで多くのお客さんとも知り合えた。 しかし..
posted by じゅにーK at 17:01

2008年05月13日

ココクレーター植物園

朝方少しシャワーがあったが、トレードウィンドが上がって、あっと言う間に雲を吹き飛ばしてくれた。 カラニアナオレ・ハイウェイを走り、ハワイカイ・ゴルフ場の横からココクレーターのパーキングに入ると、4台の車が止まっていた。 平日にしてはこれでも多いほう。 歩き始めるとすぐにプルメリアの大きな木がたくさんの花を付けていた。 ココクレーター1 ココクレーター2 ココクレーター3 ココクレーター4 ブーゲンビリアも鮮やかだった。 ココクレーター5 ココクレーター6 月下美人は相変わらずちょっと不気味・・・。 ..
posted by じゅにーK at 12:38

2008年03月08日

ココクレーター植物園

今日はココクレーター植物園へのネイチャーウォーキングツアー。 依然風は弱く気温も上がってきた。 プルメリアの木は、花も葉も全て落ちてしまっているのもあったが、 ココクレーター植物園1 新芽が吹いてきて、花が咲き始めたものや、 ココクレーター植物園2 既にたくさんの花がついているものなど、様々だった。 ココクレーター植物園3 アップの写真も。 ココクレーター植物園4 ココクレーター植物園5 ココクレーター植物園6 これはナウパカ。 ココクレーター植物園7 サボテン。 ココクレーター植物園8 月下美人。 ココクレーター植物園9 デザート・ローズ。 ココクレーター植物園10 私も結..
posted by じゅにーK at 11:19

2007年11月27日

ココクレーター植物園

朝方はシャワーがあり、ワイキキにお客さんをピックアップに行く時にもパラパラと残っていたが、雨の少ないココクレーターを目指して走っていると、ハワイカイの手前ですっかり止んだ。 ハナウマ湾を越えてサンディービーチの先からクレーターを回り込む。 さすがにハワイも冬を向かえ、入り口付近のプルメリアはあまり花が無かった。 ココクレーター植物園1 パーキングには5〜6台の車が止まっていたが、二つのグループとすれ違っただけで、やはり空いていた。 ココクレーター植物園2 相変わらずちょっと不気味な月..
posted by じゅにーK at 12:16

2007年07月26日

ココクレーター植物園

朝方はコオラウ山脈から風に乗って雨粒が舞っていたが、カラニアナオレ・ハイウェイを東に進むと青空が広がっていた。 今日もすっかり良い天気。 良い天気 ブルブルやカージナルが挨拶に来たが、人の気配のしない園内に入ると、たくさんのプルメリアにお客さんも大喜び。 プルメリア1 プルメリア2 プルメリア3 プルメリア4 目に鮮やかなブーゲンビリアや、 ブーゲンビリア たくさん花を付けたナウパカも咲いていた。 ナウパカ 気温も上がってきたが、時折り風が抜けると気持ちが良かった。 トレイル ..
posted by じゅにーK at 11:53

2007年06月29日

ココクレーター植物園

晴天の中、ココクレーター植物園に行ってきた。 ココクレーター植物園1 風が弱く、園内に入るとむせ返るようなプルメリアの匂いが立ち込めていた。 プルメリア1 プルメリア2 プルメリア3 プルメリア4 プルメリア5 プルメリア6 昨晩咲いた月下美人がまだ少し開いたままだった。 月下美人 アフリカン・セクションではこんな赤い花が咲いていた。 アフリカの花 途中から風が出てきて、木漏れ日の中の散策は気持ちが良かった。 ココクレーター植物園2
posted by じゅにーK at 13:21

2007年06月04日

ココクレーター・ボタニカル・ガーデン

最近人気急上昇中の「ココクレーター植物園」。 あまりガイドブックにも載ってなくて、人も少ないし、しかしプルメリアなど花は豊富と言うことで、人気のようだ。 今日もプルメリアの香りの中を歩いてきた。 プルメリア1 プルメリア2 プルメリア3 プルメリア4 奥の方の月下美人は、昨晩咲いた跡があったり、蕾が膨らんでいるのもあった。 しかしここは夜は閉鎖されるはずなので、誰にも見られずひっそりと咲いているのだろう。 回っている間は二人しか他に会わなかったが、入り口のベンチでスパム..
posted by じゅにーK at 10:56

2007年05月27日

ココクレーター植物園

昨晩から朝方までシャワーが残ったが、どの天気予報を見ても「晴れ」。 風が弱く、ちょっと蒸し暑くなることを予想して出発した。 ワイアラエCCの裏手のピンクシャワーも花が増えてきたし、カラニアナオレHWY沿いのホワイト&イエローシャワーも綺麗。 サンディービーチの奥からクイーンズゲートを抜けて、ハワイカイ・ゴルフコースの脇からココクレーターの内部に入るころには、空はすっかり晴れ渡っていた。 ココクレーター1 まずはプルメリア達がご挨拶。 プルメリア1 プルメリア2 プルメリア3 ..
posted by じゅにーK at 10:49

2006年10月25日

ネイチャーウォーク

ココクレーター植物園とマカプウヘッドをコンビネーションで歩いてきた。 サンディービーチで小休憩の後、ハワイカイ・ゴルフコースの横からクレーター内部に入っていくと、ゲートで珍しくセキュリティーのオジさんが座っていて、「そこにブローシュアがあるから自由に持て行ってね」と教えてくれた。 園内に入ると、花の数は少なくなったが色取り取りのプルメリアが迎えてくれた。 プルメリア 奥に行くとハイビスカス。 ハイビスカス シェイマが何度も出て来て歌声を聞かせてくれた。 シェイマ ..
posted by じゅにーK at 15:20

2006年07月14日

ココクレーター植物園

今日はハワイカイのココクレーター植物園へのツアー。 まだトレードウィンドが強かったが、ハワイカイ・ゴルフコースの脇からココクレーターの内部に入っていくと、風は穏やかになった。 入り口にはこんな看板が立ってるだけ。 ココクレーター植物園 人のいない園内に入ると、プルメリアの匂いが漂う。 そして色とりどりのプルメリアが競い合うように咲いている。 プルメリア1 プルメリア2 プルメリア3 プルメリア4 プルメリア5 プルメリア6 プルメリア7 プルメリア8 白いプルメリアの木の下は、白く 白いプルメリア 赤いプルメ..
posted by じゅにーK at 11:29

2005年07月03日

ピエトロ

7月2日。 母達とココクレーター植物園に行った。 入り口には特にオフィスの様な建物は無いが、椅子とテーブルが置いてあってセキュリティのおじさんが一人いた。 「開いてますよね?」と確認すると、「そこにブローシュアがあるから持って行ってね」と言ってニッコリ。 歩き始めてすぐのプルメリア・セクションは甘い香りに包まれていた。 色とりどりの花に母たちも喜んでいた。 その後も珍しい木や花が次々と現れ、写真を撮ったり落ちている実を拾ってみたりして、ぐる..
posted by じゅにーK at 17:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。