2006年07月06日

サークルアイランド(連休最終日)

今日がアメリカ合衆国の230回目の独立記念日。

ワイキキには連休のバカンスを楽しむアメリカ人旅行者の姿が目立ったが、昨日は一応平日の飛び石連休だったせいか、ハワイの一般市民はあまり連休と言う気分は無い様に感じた。

実際今日も朝から近所の工事現場で音がしていたし、毎度のことながらアメリカの祝日にもかかわらず、合衆国旗を家の前に掲げている家などほとんど無かった。

ワイキキを出るとカピオラニ公園沿いのバザーや、ダイアモンドヘッド・ロードをはしるランナーの数は多かった。

カラニアナオレ・ハイウェイは空いていたが、ハナウマ湾の入り口は混み合っていた。

サンディービーチのパーキングは一杯で、既に凧揚げも始まっていた。

マカプウビーチも平日に比べると人は多かったが、それでも20人はいなかった。

しかしワイマナロは随分人出があって、ベロウズもBBQやパーティーを準備しているグループが多かった。

「SUMOコネクション」は普通にオープンしていた。

クアロア公園もローカルが多かったが、キャンプサイトにテントの数は少なかった。

ウィンドワードサイドの道路はスムーズだったが、ノースに入ると車が増えた。

サンセットビーチはレンタカーのアメリカ人が多く、ワイメアはローカルでごった返していた。

ラニアケアはローカルもいたが、アメリカ人旅行者がたくさんピクニックをしていた。

ちゃんとカメもいたのだが、このビーチでのピクニック禁止と言うのは出来ないのかな?

いくらカメがいるからと言っても、何よりこんな狭い人ごみビーチでピクニックする人の気も知れない。

ハレイワも当然人は多かった。

アリイビーチパークはローカルで満員御礼状態。

ハレイワタウンは、日本人、アメリカ人合わせて観光客で賑わっていた。

休日だからと言って閉めている店は全く無かった。

ドール・プランテーションは相変わらずの人気で、山の間を抜けてきた少し涼しい風が気持ち良かった。

結局帰りのフリーウェイでも渋滞は無く、心配しながらのツアーだったが、とてもスムーズに終わった。



posted by じゅにーK at 13:36| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。