2006年03月06日

この木なんの木

今日は朝から晴れ間が多かった。

コオラウ山脈の上には雨雲がどっしりと居座っていたが、トレードウィンドに流された雨粒が時々飛んでくる程度だった。


さてH-1フリーウェイ沿いにあるモアナルアガーデンは、「日立の木」としても有名な「この木なんの木」のモンキーポッドがあることで日本人には有名な場所。

ダイアモンドヘッドクラブのサークルアイランドツアーでは、基本コースには入っていないものの、オプションで申し込まれる方も少なくない。

CMに出た樹齢120年を越す巨大なモンキーポッドは勿論、ブレッドフルーツ、ハラ、ジンジャーなど多くの植物も観察できるし、フリーウェイのすぐ横とは言え、広大な公園は気持ちが良い。

ところが、このモアナルアガーデンが今、存続の危機に陥っている。

この公園は州や市が管理しているパブリックではなく、実はプライベートの公園。

ここはかつてサミュエル・デイモンという人が所有していた土地の一角で、デイモン氏の死後はデイモン財団と言うところが受け継ぎ、庭園として造成して市民に開放してきた場所なのだ。

2004年に財団の最後の相続人が亡くなり、デイモン氏の遺言によって財団の解体が始まった。

日立のCMで使われた木を始め、数十本あるモンキーポッドはホノルル市の重要樹木にも指定されているそうだが、問題は公園の維持費である。

パブリックの公園と違ってメンテナンスも少しきめ細かいのだが、年間70万ドルも維持費が必要だそうで、日立がCMの使用料として支払っている年間2万ドルだけでは到底追いつかない。

30年以上も続いていると言うCMがなくなるだけではなく、この公園に入れなくなるのは寂しい事だ。

この木なんの木


posted by じゅにーK at 14:19| ホノルル ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
♪この木何の木?気になる木ィ〜♪

( ̄△ ̄;)エッ・・?存続の危機なんですか?小さな頃からのおなじみのCM・・
でも、維持費が莫大ですよね・・・
一昨年、この木の下{間違えていなければ・・・天然なので、もしかしたら違う木をそうだと思い込んでいる可能性もありますが・・}の下でコロコロした記憶があるのですが・・ホント、いつまでも残して欲しいと思います・・
Posted by mayumayu at 2006年03月07日 06:24
How'z it!

普通のツアーですと10分ほど寄ってお終いの公園ですが、隅のほうまで散策したり、それこそ巨木の下の日陰でゴロゴロしたら気持ち良いですよね。(^o^)

本当にこれからあの公園がどうなるのか気になります・・・。

ALOHA!
Posted by じゅにーK at 2006年03月08日 09:03
こんにちは。
毎回、ブログ楽しみにしております^^
世界的に諸問題ありますね・・・
来月、一週間予定でオアフ島訪れます!!(フィアンセに逢いに^^)もしお会いする事ありましたら声かけますね^^
Posted by タミ at 2006年03月08日 16:42
>タミさん
How'z it!

オアフ島にフィアンセがいらっしゃるんですね。
将来はハワイにお引越しかな?

よろしくお願いいたします。
ALOHA!
Posted by じゅにーK at 2006年03月10日 15:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。